デジイチ・ライダー -   

デジイチ・ライダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2  
  • Comments (Close): -

滑り込みセーフ

20161002_1.jpg


日曜出発だったら泣いてたわ!!


長男の運動会はもともと土曜だったのだけども、明け方まで続いた雨のせいで日曜(今日)に延期。
自分の出張も当初は日曜出発って話だったのだけども、ビザとかの関係とかで月曜出発に延期になったのが、先日の話。
ほんと、出発がずれ込んで良かった、良かった ・゚・(つД`)・゚・

ということで、昨日とは大違いの真夏並みの晴天のもと、長男の運動会。
ふだんよりも早起きしたおかげで終始眠そうだったけども、良く頑張りました♪


...しゃあねぇ、仕事頑張ってくるか (´・_・`)


浄土平の紅葉

20160930_1.jpg

で、紅葉ツーリング計画を立てたあとに思い出したのが、浄土平の通行止め



今年の6月初旬にふらっと行ってみたら、大雨の修復工事とかで浄土平ビジターセンターから先の区間が通行止め。
猪苗代湖方面から登ってくると、まさにここからが本番というタイミングでの通行止めになるので、ショックのあまり、
しばらくビジターセンターの駐車場でふてくされてたときに撮ったのが、上の写真。 

まあ、ちゃんと下調べしておかないのが悪いということで、今回はしっかり事前に確認。
よしよし、通行止めは解除されて全面開通しているな。 あ、ついでに紅葉情報を....もう見頃だとっ!?

調べると、浄土平の紅葉の見頃から1~2週間後くらいが、磐梯吾妻周辺の紅葉の見頃らしいので、
今年のペースで行くと10月の第2週末。 うん、motoGPの週末だ (^o^)/オワタ


こうして、浄土平方面の紅葉を見に行くのは来年の話になったのでした orz
んぉおおお、6Dのツーリングデビューはいつ出来るのだあぁぁああ!!


紅葉・リベンジ計画

20160924_1.jpg

今度はインドネシアか...


ということで、来月頭からの海外出張が決まったのだけども、そうすると気を付けないといけないのが、紅葉ツーリング
去年も10月くらいに志賀草津に行くと宣言しておきながら、天気と都合に恵まれず、結局は行かず仕舞い。
そして、これはマズイとウロウロし出した11月中旬以降は、どこもかしこも紅葉のピークは過ぎていて、残念なことに...(つД`)ノ

日本に帰国する週末は、今のところmotoGP・日本GPを観戦予定なので除くとして、
以降の週末の日程と、その頃見頃な紅葉の場所は↓のような感じか。

・10/22~23 : 福島 磐梯吾妻スカイライン / 福島 安達太良山
・10/29~30 : 新潟 奥只見 / 茨城 袋田の滝
・11/5~6 : 栃木県 山間部の各地

今年は火山活動による規制で観光客(=渋滞)が少なそうという志賀草津は、ある意味チャンスだったのだけれども、
例年10月上旬が見頃だと言うことに加え、今年は8月後半から涼しい状況が続いていたため、色付きが早いとのこと。
どうやら今年も志賀草津の紅葉は満喫できなさそうだけれども、それ以外の紅葉は、できる限り満喫しておきたいものであります (´・Д・)」
それにしても、9月の長雨は25年ぶりの日照不足を招いているらしい。今年の紅葉は色付きが悪そうですな...


拝啓・秋雨前線さま

20160905_2.jpg

今週末こそ、晴れてくれ~っ!! (」゚ロ゚)」


9月に入ってから、綺麗な青空を拝んだことがあったっけ? と言いたくなるくらい、連日降り続ける雨。
いくら秋雨前線とは言え、ひょっとしたら梅雨よりも降ってるんじゃない?そうなると、バイク乗りとしてはまさに阿鼻叫喚。
ほんの数時間でもいいから、綺麗な青空のもと、完全ドライなワインディングを走るだけで、どれだけリフレッシュすることか。

前回走ったのが今月初めの週末。この日も、写真のように微妙な天気だったので、いい加減、ウズウズしているが本音。
今月末からまた海外出張か?という状況なので、せめて今週末こそ走りに行きたいのだけども、果たして...



贈るキャンプ (今年2回目)

20160919_1.jpg


早いもので、気が付けば社会人8年目。


社内での立場も中堅どころとなり、年齢的にも30過ぎのいい大人。そして、他の会社へと旅立つ親しい同期もちらほらと。
幸い、親しい同期はキャンプとかアウトドア好きが多いこともあり、送別会代わりにキャンプを行うのが、最早恒例行事。
ということでこの前の週末は、同じ事業所の同期を贈り出すべく、かわせみ河原にキャンプへ。


続きを読む>>


ようこそ、6D

20160915_1.jpg




20160915_2.jpg
6D、キタ━(゚∀゚)━!!!


本格的なデジカメに初めて手を出したのは、2009年。
就職後の初ボーナスで買った、当時のCANONコンデジのフラッグシップだった、Powershot G10。
それから約7年。ようやく手にした念願のフルサイズは、結局 EOS 6D なのでした。

いやいや、そりゃPENTAX K-1が買えるなら、K-1買ってます。
でも、本体+標準レンズDFA15-30 F2.8の組合せで40万弱って、お小遣い貯金で買える頃には、
長男が高校生くらいになってしまい、可愛い盛りをすっかり超えてしまうのですよ、奥さん。
いろいろ見直しても、カメラに使えそうな予算は18万くらい。これじゃあ、とてもK-1には届かない。
でもやっぱりフルサイズが欲しぃ~!! あ、そういえば昔CANON使ってたな。 どれどれ...\(^o^)/


ということで、今後はPENTAXとCANONの二刀流で行きます ( ・Д・)ノ
で、最初のG10は未だ健在。3年くらい放置してて電源が入るってどんだけ!? せっかくなんで、長男の最初のカメラとなりました♪



引き返す勇気

20160901_6.jpg



20160913_1.jpg

幸い、今年の夏休みは家族のイベントが目白押しだったけれども、やっぱり一度はバイクに乗りたい!!


ということで、1日自由な日を確保し、目指すは今年初のビーナスライン。
今回、久々に白樺湖方面から登ったけれども、白樺湖と緑の丘陵の織りなす風景はやはり格別。
これぞビーナスライン、という風景にテンションもあがり、当初の白樺湖で引き返す予定は見送り、
そのまま美ヶ原や湯の丸牧場を快走してたところで、突然来たる、大粒の雨 \(^o^)/

以降、土砂降りの峠道と高速を半泣きで走り続け、どうにかこうにか帰宅したのは夜の8時過ぎ。
半日で600km走った体力的疲労と、雨の夜の峠道の精神的疲労で、帰宅後はまさに疲労困憊。
確かにバイクは満喫できたけれども、白樺湖で引き返していれば、もっと純粋に楽しかったかも (;´д`)


もう30過ぎのおっさんだし、そろそろ 「戦略的撤退」 を覚えてもいい頃か...
そんな風に思った、夏休みの1日なのでした。


モーターショー専属レンズ (個人的)

20160910_2.jpg

さっきのスズキ初優勝の記事用にと、去年の東京モーターショーの写真をあさっていたのだけども、
久々に見返しても、なかなか良い写りしてるじゃんと思った、SIGMA 17-50mm F2.8 DC EX HSM


控えめな発色やボケ味はまだしも、なんかピントの合いが悪いし屋外だと白トビするしと、なんか気になることが多くて、あまり使わずにいたのだけれども、
K-5IIsを買ってからは、印象が好転。ピントの合いについては、もともとのK-5があまり大口径を得意としていなかっただけで、
中央クロスセンサーがF2.8光束高精度AFとなったK-5IIsでは、見事に改善。それでもペンタックスの測光との相性が悪いのか、
屋外での白トビ傾向は変わらなかったけれども、TAvに切り替えて、シャッター速度も任意に指定すれば解決できるように。

そして逆に言えば、安定している屋内光源のモーターショーとかでは、これらデメリットもほとんど発生せず、
むしろ1本で最低限の画角をこなし、多少暗くても絞り解放F2.8でかなりカバーでき、絞ればキリっと写るということで、
モーターショーとかには最適なレンズなのでは無いかと思うように。実際、東京モーターショーはこのSIGMA・F2.8で撮りきりましたし。


そんな感じで、モーターショー専属レンズの地位を確立したわけでした。
ささやかながら、撮影機材のページもまとめているので、その他の写真とかはそちらでどうぞ。


復帰2シーズン目の歓喜

20160910_1.jpg

スズキ、おめ!!


地上波観戦・録画組としては、ようやくイギリスGPを昨日観たのだけれども、ビニャさんの走りは圧巻でございました。
スズキが7年ぶりの優勝ってのは、うっかりバイクのニュースサイトで知ってしまっていたけれども、やっぱりチーム全員が喜んでる姿は感動的。
ウィニングランでチームメイトのエスパルガロ兄含め、いろんなライダーが祝福しているのも微笑ましい限り。

福田氏が言ってたとおり、今シーズンのmotoGPは天候とかの要因があったとしても、いろんなライダーが表彰台に立つので面白い。
初優勝に喜び大爆発なミラーさんがいれば、初優勝よりも娘の誕生の方が嬉しかったというクラッチローさんといい、
個性豊かなライダーの方々が多いのも、motoGPの魅力なのでしょう。

ビニャさんは来季からヤマハワークスへ移籍するけど、ロレンソに相当する実力の持ち主だと、ヤマハの人は早々に判断してたのでしょうね。
間違えなく次世代を担うライダーなのでしょうから、スズキにいる間も、引き続き表彰台に登り続けて欲しいものです。


正式発表前の新型GSX-R1000にとっては、絶好のタイミングでの優勝ですわな (*´ω`)


さよなら、K-5

20160908_1.jpg


ということで、K-5を手放しました


購入したのが2012年の11月8日なんで、なんだかんだ、3年10か月も使用していたんですな。
ただ実際のところ、昨年K-5IIsを手に入れてからは、運動会とかの重要イベントの際に2台体制で使ったくらいで、
ほとんど引き出しの肥やしになっていたのも事実。ならばと、あっさり売却に踏み切ったわけです。

K-rでデジ一デビューしたものの、高感度や防塵防滴などの本体性能や、カッチリとした男らしい本体デザインに我慢できず、
嫁さんを説得して早々に買い足したのが、このK-5。おかげで、天気が悪い日も、子供やバイクをしっかり写してくれました。
今となっては、暗所性能の劣るAFや、解像度が低くゴミの入りやすい液晶とかに古さを感じるけれども、
エントリークラスとミドルクラスのデジ一の違いを教えてくれた、いいカメラでございました。


...最後に、次のステップへの血肉になってくれたことに、ただ感謝。


2輪と4輪は別物です

20160901_4.jpg


ことは7月末の、企業合同・自動車走行会 in 日光サーキット


毎年職場の後輩に誘われ続け、今年ようやく参加したのだけども、初めての自動車でのサーキット走行は、とにかく感動そのもの。
リアタイヤが仕事をするっていう感覚や、アクセル開けてる間は嘘みたいにアウトに膨らんでいくFFの挙動はともかく、
「転ぶ恐怖心が無い」ということが、こんなに精神的に楽で、純粋にサーキット走行を楽しめるものなのかと。

夏場、日光サーキットをCBRで走ってると、今のスポルテックM5では後半タレてきて、
高速右コーナーでフロントが「ずっ」と滑るような不自然な挙動をするのだけども、これが本当に怖い!!
一歩間違えればそのまま転倒?みたいなことを考えると、自動車はなんと安全なことか。

ドノーマルスイスポ + アジアンタイヤということで、タイム的には47秒台止まりだったけれども、
本当に丸1日、心からサーキット走行を満喫できた、最高の休日となったわけです。


んんん、早くCBRでも同じような感覚に浸れるくらい、上手く乗れるようになりたいものであります (- -; )
とりあえず、次のCBR用のタイヤは、もう少し良いハイグリップタイヤを履かねばな...


欲しいものが一番

20160901_2.jpg

ということで、年1回ペースで絶賛継続中の、イマハ氏のバイク乗り換え。


最早恒例行事なので誰も驚かないけれども、今回はVスト650からVスト1000という渋い選択。
同じスズキのアドベンチャーで、どちらもSV系Vツインを積む兄弟車種なのだけれども、乗ると全然違うらしい。
本人曰く、Vスト1000の方がかっちりしていて、走ってて楽しいのだそうだけども、
前の650とは比べものにならない勢いで伸びていく走行距離が、その楽しさを証明しているのかと。
実は650を買う前から1000の方が気に入っていたということで、欲しいものが一番、ということなのでしょう。


で、7月の初旬、同じタイミングで大型デビューを果たしたBMキャンパーともども、志賀草津へ日帰りツー。
次回こそはそのボックスを満載にするよう、どこかにキャンプツーへ。


第3の選択

20160830_1.jpg

、夏休みのある日。


ちょっとバイクに乗れる時間ができたので、曇り気味ではあったものの、革ツナギでいざ出発。
宇都宮住まいの自分にとって、こういう場合の選択肢は早朝の霧降高原か八方ヶ原近郊なのだけども、この日はすでにお昼前。
もうそこら辺は混雑している時間帯なので、空いていそうな「日塩もみじライン」へとぶらり。

ETCの使えない有料道路ということで、なんとなく避けてきたような気がするけれども、いざ久々に走ると楽しい峠道。
ずっと木々が生い茂るので眺望こそは望めないものの、ランダムに続くコーナーをスムーズに走り抜ける気持ちよさはなかなか。
路面の舗装も比較的安定しているし、ちょうどいい場所に峠の茶屋もあるし、さすがは名の知れたワインディングロードか。


ということで、ちょい乗り時の第3の選択肢を見つけた、そんな1日なのでした (´~` )
紅葉で混雑するのはもう少し先の話なので、それまで何回か走ってみようかと。



妙高・火打山

20160829_1.jpg


もう、8月も終わりなのね...(;´д`)


ということで、久々のブログは先日(と言っても先月前半)の妙高・火打山登山の話。
この日は同期とテン泊登山を計画していたものの、アルプス方面は軒並み大荒れの予報。
急遽、同期の登山マスターが少しは晴れそうだと判断した妙高に目的地を変更したのだけれども、結果は大勝利。

続きを読む>>


久々にサーキットを走りたい

20160512_01.jpg



ということで、日光サーキットのライセンスを取得した訳ですよ。


最後にサーキットらしいサーキットを走ったのが、2010年のヒーローしのいということで、実に6年ぶり。
ライセンスを取得した日が土曜日だったこともあり、その当日はサーキット上が混雑 & 赤旗中断でまともに走れず、
それならばと、この前有休を使い、平日に思うがまま走ってみたのだけども、結局2本走ったベストが、ギリ45秒台。

速いと呼ばれたい訳ではないけれども、41秒切ってナンボと言われる日光サーキットで、
それから4秒落ちのタイムでしか走れなかったのは、正直ショック...orz

確かに、タイヤ的にはそこまで攻め込んだりするようなタイヤでは無いかもしれないけれども、
ずっとCBRに乗ってきた人間としては、バイクのためにも、もう少し上手く走ってやりたい。


そんな想いを動機にして、ちまちま頑張ってみようと思う、今日この頃。
まずは、ブレーキタイミングとシケインの処理。次回はこれを改善し、目指せ44秒台!!


次は夏休み

20160509_04.jpg



GW、オワタ \(^o^)/


働かず、ただ子供と遊び、家事を手伝い、お出かけし、たまにバイクで走る。
そんな日々を10日間も過ごしたおかげで、中身はすっかり社会不適合者。
宝くじが当たったら、一生こういう日々で過ごすのも悪くない、というか最高じゃんだと真剣に思い始める日々。
かのニートの方が言うように、働いたら負けなのかもしれない。


そんなこんなで、次の長期連休である夏休みまでは、あと93日。
まだまだ先は長いのな...

GW恒例・伊豆らへんツー

20160505_01.jpg





20160505_02.jpg

で、GW。


今年も群馬時代からのバイク仲間の方々と、伊豆方面へ。
就職して若干群馬から離れてしまったけれども、こういうイベントでまたご一緒できるのはありがたい。
また来年、お会いしましょう(苦笑)


その帰り道。
今回は日帰り参加のため、昼休憩の御殿場で引き返したのだけれども、
せっかくだからと富士山を回って帰ろうとしたのが運の尽き。
山梨方面に抜ける一本道である国道139号が、その先の芝桜祭りの影響で大渋滞。
メーター読みで10km以上続いてたみたいだけれども、下道であれはキツい。


そんなこんなで、良くも悪くもGWを満喫した1日なのでした。
それにしても、久々に1日700km走ったら体がボロボロ。もう若くないのなぁ...(- -;)




来たる、バイクの季節

20160416_01.jpg


20160416_02.jpg


バイクの季節、キターっ!!


最高気温が20℃を超える日も出始め、いよいよバイクシーズン本番。
それに備え、今年の冬は各種清掃だけでなく、クラッチケーブルやブレーキパッドの交換などなど、
自分なりにはがっつりメンテ。やっぱ、作業途中のままでOKなガレージはありがたい。

タイヤも新品に交換(メッツラー・スポルテック M5)したし、日光サーキットのライセンスも取ったし、
今年はツーリングにサーキットにと、バイクを満喫したいものですな (*´ω`)



ボールプール


20160209_1.jpg



天気が悪かったこの前の日曜日。
どこか連れてけというので、近所の子供科学館。


すっかり大きくなって、いっちょまえな事も喋るようになったけども、
ボールプールで無邪気に遊ぶ姿が、やはり愛おしい。


いつまでも、無邪気さを忘れないでいて欲しいものである。

春の終わり

20160416_11.jpg

宇都宮界隈の桜も、もうおしまい。


今年は比較的天気に恵まれたのもあって、いろんな場所で鮮やかな桜を目にした気がするけども、
やはり個人的にNo.1の桜スポットは、茂木の市街にある城山公園。
決して派手さは無いのだけれども、もともとお城だった高台に整備された公園は、まったり花見したい人間には最高のロケーション。
その城山公園の桜も、先週末時点で見頃を超え、葉桜がちらほら。

そんなこんなで、季節は初夏へ。


Home

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。