デジイチ・ライダー - PENTAX   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

悪魔のささやき

20150604_01.jpg

20150604_02.jpg

20150604_04.jpg

20150604_05.jpg

トドメは先週末のディズニーランド。


この日は曇りのち大雨という天気だったこともあり、夕方からはかなり薄暗い状況。
なので、屋外であっても、K-5のAFが迷うことがしばしば。
そしてもちろん、屋内のアトラクションでは、もっとAFが迷うばかり。

子供は待ってくれないんで、撮りたい一瞬にAFが迷うのは致命的。
日頃の室内撮りでも、入園式でも、薄暗いせいで撮り逃したシーンがあるというのは、
考えてみれば、非常にもったいないというか、取り返しがつかないもの。
瞬時にMFでピントを合わせるスキルも無い以上、改善する方法は、機材の更新のみ。
あ~だめだ、もう新しいカメラが欲しくてしょうがない!!


中央一点固定を多用する以上、AFエリアが11点だろうと27点だろうと大差ないし、
ちゃんと撮れたときの画質はK-5で何ら不満無いし、
JPEG撮って出し人間だし、ファイル容量的にもK-5の画素数で不便ないし
バリアングル液晶じゃなくても自撮りできてるし、
整理してみれば、K-5への不満は暗所でのAF性能と、
太陽光下での液晶の見づらさと、大口径レンズ使用時の露出とピントの暴れくらい。



つまり、K-5IISで大部分が解決or改善するのですよ、奥さん!!


中古だったら一括で買えるへそくりはあるけれども、
バイク用にとっておいた奴だし、さすがにアホだよなと思いつつ、
なんとなくマップカメラを覗いてみると、6/30まで24回払いまで金利ゼロだと。


相場的にK-5IISの美品は48000円くらい。
15回払いだと、月3100円。すなわち1日100円...
撮り損ねた写真は、プライスレス...
あとはいい個体が出てくるのを待つだけだ。


web拍手 by FC2

単焦点沼への入り口

20150428_01.jpg

20150428_02.jpg

20150428_03.jpg

20150428_04.jpg


ということで、先日のBikeJin春祭り



海外メーカー含め試乗車多数ということで、乗りまくってやるぜと意気込んでたものの、
想像を遥かに上回る人出に、結局3メーカーの3台しか試乗できなかったという....
まあ、絶好の天気と、持てあますほどの待機時間のおかげで、
バイクの写真をこれでもかと撮り漁れたので、良しとしよう。



で、この日はFA50mmF1.4・17-50mmF2.8・HD DA55-300mmの3本を持ち出し、
一通りの画角に対応できるようにしていたものの、結局、使ったのはFA50mmばかり。
ここ最近、このパターンが多すぎて、最早ズームレンズは不要なのでは無いかと思ってしまうほど。

なぜそうなってしまうのかと言えば、それはピタリと決まったときに吐き出す、
圧倒的なキレと解像感のある写真のせい。隠れスターは伊達じゃない!!
古いレンズということで、ちょっとした光の加減で盛大なパープルフリンジが出るのだけれども、
その欠点を補って余りある写真も撮れてしまうツンデレぶりが、きっと中毒になっているのかと。

ただ、この換算75mmという画角は、対象物と距離を取れないとき、
どうしても寄り過ぎになってしまうのも事実。もう少し広角の、言うなれば換算50mmくらいの、
明るい単焦点があれば、本当にズームレンズは不要になってしまうのかもしれない。



(´・ω・)つ FA35mmF2AL
ディスコン間近の中、値上がりする前に、逝ってしまおうか...

web拍手 by FC2

写真を残す


20150308_04.jpg





もともと写真が好きで、常にG10を持ち歩いていた自分に対し、
嫁さんはデートで遠出しても、記録は携帯の写メで充分、
恥ずかしいからあまり写真に自分は写さないで、という人。

そんな嫁さんを、もうすぐ子供が生まれるから、
今買わないと後悔するよ~などと 言いくるめ 説得し、
念願のPENTAX・K-rを買ったのが2011年末のこと。



右の写真は、そのK-rで、出産入院最終日に嫁さんと長男を撮ったものだけども、
3年ほど経った今見返すと、長男の嘘みたいな小ささはもちろん、
今より随分若く感じる嫁さんの、産後の疲労でクマだらけな顔と、
マスク越しでもわかるその笑顔が、本当に懐かしくて、愛おしい。



そして、嫁さんも、「懐かしい!!いろいろ若い!!」などと言いつつ、
結局、いい写真だねと、一緒に思い出に浸りながら見返してくれる訳で。
たぶんこれが、写真を残す意味なのでしょう。

10年後、20年後と、もっともっと懐かしくなる予定の思い出たちのため、
これからもデジ一で写真をたくさん撮り溜めて行こう。
そう心に決めた、今日この頃なのでした。
...フィルムカメラだったらフィルム・現像代で無理かも(^^;) デジタル万歳!!


web拍手 by FC2

予想外

20150301_01.jpg


20150301_02.jpg
約23万!?


キヤノンやニコンのハイエンドフルサイズが本体50万円超えという、まさしく高嶺の花な存在なのだけども、
ここの情報では、ペンタックスのフルサイズは2000ユーロ、だいたい23万円らしい。
なので、直接のライバルはミドルクラス(?)フルサイズの5DmarkIIIとかになるのだろうけども、
SPEC的に上回ってそうな雰囲気もチラホラ。

ここでポイントなのは、管理人の使っているK-5も、初値は15万くらいしたカメラだということ。
今の時期に中古相場を考えるのも野暮だけども、結構早いタイミングに10万円台になる可能性も。
というか、23万円なら、そもそも無理して買えなくも無い値段だぞ、俺。
これは、K-5IISだのK-S2だの悩んで無いで、大人しくフルサイズの動向を見定めるべきか。
愛用のFA50mmが本来の画角で使えるし、FA35mmも買えば....妄想が止まらん(汗)


そんな予想外な価格情報に踊らされつつ、先日はもてぎにお出かけ。
第1期から第3期のF1マシンが並べられていたけれども、
今月から始まる第4期において、果たしてこちらも、予想外の好結果を残せるのか。
ここ数年見ていなかったけれども、どうやら今年は全戦見そうな勢い。やはりホンダの影響力強し。


web拍手 by FC2

バイク乗りのデジ一

20150219_02.jpg


20150219_01.jpg


20150219_03.jpg


20150219_05.jpg
バイクに乗る人間にとって、重要だと思われるデジ一の機能。


ひとつ目は 「防塵防滴。」
峠道が好きならなおさら、山間部で急な雨に降られることもしばしば。
運搬時の水を防ぐのなら、防水バックに入れていればいいのだろうけど、
やはり、多少の雨でも気兼ねなく撮影できる恩恵は大きいはず。
そういえば、キャンプして朝起きたら、デジ一が結露まみれみたいなこともあったり。


ふたつ目は 「コンパクトさ。」
そりゃ、パニアケース装備のビックツアラーなら気にする必要は無いだろうけど、
CBRのようなSSでは、備品の収納・積載スペースは死活問題。
それに、バイクに固定したバックでは微振動を拾ってしまいそうなので、
できる限り、ウエストバック等で身に着けるなど、宙に浮かしておきたいような自分にとっては、
コンパクトで軽いのはメリットしかないわけでして。


で、三っつ目は 「液晶の見やすさ。」
ふと目に留まった風景を撮ろうにも、ヘルメット脱いで、手袋外して、ファインダー覗くという作業は、
写真が好きな側の人間である自分であっても、相当に面倒くさい。
動体を撮るわけじゃないのだし、屋外の明るい環境でもしっかり見える液晶ならば、
ヘルメットを被ったまま、ライブビューで撮ればいい。


そして、四つ目は 「チルト式液晶。」
バイクと綺麗な山や空を映そうとすれば、若干見上げるようにしないと収まりが悪いわけで。
そんなとき、チルト式液晶のデジ一であれば、わざわざ地面に突っ伏すような必要もなく、
撮影が大幅に快適&スムーズになるのは間違えないわけで。


最後に、五つ目は 「Wifiリンク」
せっかくの旅路、どうせなら愛車とツーショットを撮りたい。
そう思ったとき、セルフシャッターで頑張るか、運よく写真好きのおじさんが通りかかるのを待つしかない。
けれども、wifiでスマホとつながれば、構図を確認しながらシャッターが押せるという素晴らしさ。
更に、ヘビーなSNSユーザーにとっては、デジ一で撮った写真をすぐにネットにアップ可能。



....おや? 偶然にも、K-S2が全て満足しているぞ!!
このK-S2、バイク乗りにとって最高の一台なのは、間違えない。


web拍手 by FC2

今年一番の衝撃(仮)

20150209_01.jpg


20150209_03.jpg

20150209_02.jpg


ぬぉおおおおおおおお!!!ヽ(゚ω゚ )ノ


前回の更新から今日までの間に、こんな雄叫びを上げたのは管理人だけではあるまい。
全世界のペンタックス信者の方々が、浮いては消えゆく噂に、半ば諦めかけていたフルサイズ
それがまさか、CP+直前になって公式発表だと言うものだから、さあ大変。

ネットで有名なペンタックスユーザーの方々は、同時発表となったD-FAとD-FA★はもちろん、
フルサイズ機も発売次第購入されるようですが、まさに自分には高嶺の花。
レンズ含め、とてもこの数年のうちに買えるような額ではないのだけれども、
これまで出るのかすら怪しかっただけに、お金を出せば買えることがわかった、大いなる一歩。



と、フルサイズショックも冷めやらぬまま、次なるサプライズがK-S2

前のK-S1が出たときは、ペンタックスも迷走したかと冷ややかに感じたものの、
このK-S2は、その不満点を一蹴した素敵仕様。
当初K-50後継機とリークされたのが、K-S2だったようで。

もともと、ペンタAPS-C一眼の最少サイズをうたってデビューしたエントリー機で、
SSやらRAWのbit数やらバッテリーにコストを削ったあとは見受けられつつも、
地味にK-3と同じローパスセレクター機能や0.95倍のファインダーを積んだ優等生だったK-S1。
K-S2は、これにペンタ初のバリアングル液晶やら、Wifiなどが物理的に追加された模様。
更には、液晶裏側に燦然と「PENTAX」のロゴが輝く、素敵なデザインも判明!!


以前、K-5IISに買い換えますと宣言したものの、内部メカは旧式になりつつあるのも事実。
更には、家族みんなで「自撮り」が出来る、バリアングル液晶の絶大なる魅力とくれば、
このK-S2、SPECと初値次第では、買い足しの筆頭候補なのは間違えない。
まあ、防塵防滴が無いとなると、トップの写真のような小雨の中での撮影はしにくくなるのだけども、果たして....

web拍手 by FC2

Home > > PENTAX

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。