デジイチ・ライダー - 写真・カメラ   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

脱・カメラ好き


20170107_3.jpg

レベルはどうあれ、少なくとも自分は写真・カメラ好き。
なので、プロとして活動されている方々に憧れたりする訳ですよ。


そんな感じで、ネットなどで素晴らしい写真を見つけては、「やっぱりプロは凄いな~」なんて思ったりしてたのだけども、つい先日、同じように素晴らしいな~
なんて思った写真のプロフィールを見て驚愕。撮影者は普通のサラリーマンの方。しかも、その方がデジ一で写真を本格的に撮り出したのは、ここ3~4年のこと。
いやいや、自分が初めてデジ一のK-rを手にしたのが2011年なんで、デジ一歴は自分の方が長いじゃん!!
使ってる機材もCANONの5DIIIってことで、6Dを使い始めた自分とそれほど差は無いじゃん!!

そんな衝撃から改めて自身を振り返ると、k-rを手に入れてから今まで、カメラ本体やレンズの性能UPをだらだらやってきただけで、撮る写真と言えば、
バイクとアウトドアの風景記録と家族の思い出写真の、どちらかと言えば受動的なものばかり。自分でロケーション・天候・時刻・被写体を意識して、
わざわざその一瞬の写真を撮るために、その目的地に出かけるような能動的な写真は、ほとんど撮っていなかったに等しいわけですな...(´・ω・)


ということで、今年の(カメラ方面の)抱負は、タイトル通り「脱・カメラ好き」。
機材は撮りたい写真のためにあるわけで、今年はちゃんとした「写真好き」になる1年にしたいと思う、今日この頃なのでした。


web拍手 by FC2

モーターショー専属レンズ (個人的)

20160910_2.jpg

さっきのスズキ初優勝の記事用にと、去年の東京モーターショーの写真をあさっていたのだけども、
久々に見返しても、なかなか良い写りしてるじゃんと思った、SIGMA 17-50mm F2.8 DC EX HSM


控えめな発色やボケ味はまだしも、なんかピントの合いが悪いし屋外だと白トビするしと、なんか気になることが多くて、あまり使わずにいたのだけれども、
K-5IIsを買ってからは、印象が好転。ピントの合いについては、もともとのK-5があまり大口径を得意としていなかっただけで、
中央クロスセンサーがF2.8光束高精度AFとなったK-5IIsでは、見事に改善。それでもペンタックスの測光との相性が悪いのか、
屋外での白トビ傾向は変わらなかったけれども、TAvに切り替えて、シャッター速度も任意に指定すれば解決できるように。

そして逆に言えば、安定している屋内光源のモーターショーとかでは、これらデメリットもほとんど発生せず、
むしろ1本で最低限の画角をこなし、多少暗くても絞り解放F2.8でかなりカバーでき、絞ればキリっと写るということで、
モーターショーとかには最適なレンズなのでは無いかと思うように。実際、東京モーターショーはこのSIGMA・F2.8で撮りきりましたし。


そんな感じで、モーターショー専属レンズの地位を確立したわけでした。
ささやかながら、撮影機材のページもまとめているので、その他の写真とかはそちらでどうぞ。


web拍手 by FC2

春の終わり

20160416_11.jpg

宇都宮界隈の桜も、もうおしまい。


今年は比較的天気に恵まれたのもあって、いろんな場所で鮮やかな桜を目にした気がするけども、
やはり個人的にNo.1の桜スポットは、茂木の市街にある城山公園。
決して派手さは無いのだけれども、もともとお城だった高台に整備された公園は、まったり花見したい人間には最高のロケーション。
その城山公園の桜も、先週末時点で見頃を超え、葉桜がちらほら。

そんなこんなで、季節は初夏へ。


web拍手 by FC2

70D

20160105_01.jpg


で、あけました2016年。


年始の挨拶に実家へ帰省した際、弟から「ガンプラをしっかり撮りたいから、おすすめの一眼教えて」ということで、近所のヨドバシへと。
弟は、ミラーレス?APS-C?焦点距離?レンズ内モーター?みたいな感じで、つまるところカメラ初心者なわけだけれども、
その弟にAPS-C・ミドルクラスの70Dを進めたのは以下の理由から。

① マクロレンズなど周辺機器含め、予算は18万。
② カメラの見た目では、キヤノンかペンタが好きらしい。あと、軍艦部のサブ液晶がかっこいいらしい。
③ 店頭で使ってみて、意外とファインダーに拘る弟。
④ どうせ手に入れるなら、外でもラフに使いたい。でも、マグネボディじゃなくてもOK。
⑤ 画素数はあまり気にしない。

これらの条件だとキヤノンなら70D、ペンタならK-3IIとなるわけだけども、どうせなら動画撮影時の機能も便利(=タッチAF)だとか、
wifiでスマホとつなげられる方が便利だとか、あと、そもそもK-3IIにストロボ無いとかを助言したうえで、
70Dの18-135mm STM + F2.8 60mm マクロを推薦。結果、しっかり予算内ということもあり、その場でキャッシュでお買い上げ。
ぐぬぬ、これが一人暮らしの社会人の力か...(^ ^ ;)



ペンタックスユーザーの自分が、結局キヤノンを勧めたのは自分でもちょっと意外だったけれども、
結果、数日使った弟からは大満足との報告もあり、良い選択だったのだろう。
これでうっかりK-3IIを買わせてたら、wifiやらストロボのくだりでクレームが来てたに違いない。

自分含め、ペンタックス使いの方々の今年一番の楽しみは、全部盛りのフルサイズ機なのだろうけれども、
全員がフルサイズを買える訳では無いので、動画性能やらwifiなどの拡張性を底上げした、
K-3IIの後継機種を出して欲しい、というか出さないとシェアを奪われるばかりだぞ、などと思った正月なのでした。
フルサイズは今年の春発売。そろそろ価格とかの情報リークがありそうだけれども、果たしてお幾らなのだろうか...



web拍手 by FC2

背面にも注意

20151017_5.jpg





20151017_6.jpg
で、続く燕岳ネタ。



燕岳の登山道は、山頂に着く前に山小屋のそばに一旦出る作りをしていて、
そこで視界が広がった途端、目の前には燕岳山頂がそびえ立つという素敵仕様。

そんな訳で、誰しもがその燕岳山頂を望む場所から写真を撮るのだけれども、
個人的にはその背面からのアングル、つまり燕岳山頂から山小屋方面を見る風景も、
決して負けず劣らず、素晴らしい風景だと思うのです。
特に、荒々しい岩々の姿は、山小屋側から見るよりはっきり見えるはず...


って、え!?
そんな事を思いつつ、ニヤつきながら写真を撮っているキモイ男の姿が、背後から激写されたって!?
普段撮ってばかりで、撮られる側としては慣れていないゆえ。とにかく、油断はできませんな (^ ^ ;)



web拍手 by FC2

ダークサイドへようこそ

20151017_2.jpg






20151017_8.jpg

「やっぱデジ一って必要?」



というのは、先日燕岳に一緒に行った同期が、1年くらい前に自分にした質問。
それから1年後、山頂でデジ一を使いまくる彼の姿が、そこにはあった...


待望の第一子が生まれるということもあり、デジ一の話をよくしていたのだけれども、
諸般の事情から、ペンタではなくキヤノンユーザーとなった我が同期。
そんな彼には、リニューアルしたばかりの50mm・F1.8はとりあえず買っておけ、
と進めておいたのだけれども、結果、「やっぱ35mmも欲しいわ!!」などと言い出す訳で、
レンズ沼の住人としての資質は、十分にありそうなのです (^ ^ ;)


ようこそ、こちらの世界へ(笑)


web拍手 by FC2

FA35来たる

20150927_1.jpg







20150927_2.jpg

、先週末。



夏休み以来、週末が用事や引越しなどの準備で潰れ続け、
気付ば1か月以上、バイクに乗らない生活が続き、欲求不満は増すばかり。
そして、手元には、新品で届いたばかりの FA35mm F2AL が転がっている。

そんな状況に我慢できるはずもなく、嫁さんに3時間で戻ると言い伝え、霧降高原までダッシュ。
決してバイク日和とは呼べない天気にもかかわらず、久々のバイクにテンションはうなぎ上り。
大抵、こういうときに何かやらかしてしまうことが多いのだけれども、
大人になったということと、抱えている30年ローンという重しが現実に引き戻し、
往復後の駐車場でまったりしたあとは、早々に帰宅。


結局、FA35mmでバイクを撮ったのはほんの数枚だったけれども、
光学系は同じとされているDA35とは異なる、柔らかい雰囲気が魅力。
絶対的エースであるFA50mmと同世代のレンズということもあり、この雰囲気はツボ。
これから使い倒すのが楽しみな限りでございます。
果たして、FA50mmのポジションを脅かす存在となり得るレンズなのか、しばらく使い倒さなければ!!



web拍手 by FC2

デジタル危機

20150122_01.jpg


ふぅ、危なかった...



【Day1】 どうもパソコンの調子が悪く、ブラウザを立ち上げただけでフリーズ。最終的にはセーフモードで立ち上げてもフリーズ。
      → ん、まてよ、写真データを外付けHDDに最後にバックアップしたのは...え、2年前!?

【Day2】 windowsのエラーなら、せめてOS立ち上げ無いでデータにアクセスできないか?
      → Knoppix(Linux系OS)を知る。

【Day3】 なになに、isoイメージをダウンロードして、CDに焼く必要があるって、もう1台パソコンが必要じゃん!!
      → ネットに繋がらなくなったから放置してた、学生時代のノートブックを必死にリカバリ。Knoppixを手に入れる。

【Day4】 よっしゃ、Knoppixから立ち上げてデータ回収じゃ!!
      → 砂嵐みたいな画面でフリーズし、OS立ち上がらず。そして、耳を澄ますと、HDDからなんか嫌な音が orz

【Day5】 ブートからディスクチェック
      → 1日がかりでチェック完了。不良セクタ多数。そして、再起動後もやっぱりフリーズ。
        フリーズ時、HDDのアクセスランプがつきっぱなしだし、やっぱHDDの物理的故障か...

【Day6】 いいや、写真データはDドライブに入れてるし、CドライブのHDD換装しちゃえ。
      → え、このパソコン、パーテションでCとDを区切ってるだけなのね orz
        ええい、こうなったら外部業者に出して、データをサルベージしてもらうか。
        は?1GBで1万円? 80GB以上あったはずだから、80万!?

【Day7】 んぉおおお、こうなったらダメもとでリカバリじゃ!!
      .... あ、あっさり直った!! ← new
    


というのが、この1週間ほどの時系列 (苦笑)

なんだかんだで、無事に回復できたからよかったものの、これでリカバリできなかったら最悪の事態。
今回の一件で改めて思い知ったのは、自分にとって、写真データ以外のデータは消えても構わないということ。
逆に言えば、写真データだけは、消えてしまったら二度と撮り直しが出来ない、大事なデータということ。

復旧まで凄い遠回りしたけれども、結果、ノートブックの復活というささやかな副産物とともに、
自分にとっての家族写真の大事さを思い知った、有意義な1週間なのでありました。
とりあえず、今後は月1での外付けHDDのバックアップはマストだな (- -; )



web拍手 by FC2

何事もタイミング

20150813_1.jpg




20150813_2.jpg
、なぜに内山牧場かと言うと、これ


標高約1200mという高地にある、内山牧場キャンプ場。
その標高と市街地からの距離のおかげで、夏でも天気に恵まれれば星空が鮮やからしい。
ということで、挑んだ結果が上記の写真。 一面綺麗に雲ってて、逆にいさぎいい(苦笑)

実際、晩酌を済ませたあとは、まだ雲の切れ間から星が見える感じで、
構図とか条件を設定中の→の写真には、なんとなく星空が写っているので、
もう少し早めに写真を撮影開始していれば、多少の星空は撮れたのかもしれない orz


まあ、ひたすら雲が切れる一瞬を待ち続けるか、雨雲レーダーから撮影チャンスを予測するか。
いずれにしても、タイミングを逃さないための努力が、もう少し必要なのだろう。
とりあえず、もう少し気候の落ち着いた時期に、星空リベンジに行きたいものである。
ちなみに、上の写真の撮影条件 : マニュアル露出 / 30s / 分割測光 / F2.4 / 0EV / ISO感度800 / WB自動


web拍手 by FC2

第4回・データ断捨離

20150730_1.jpg




20150730_2.jpg
実働1時間、2.83GB。


こうしてブログに書くことでモチベーションを維持している、データ断捨離。
今回は2012年8月末から10月前半までの、約2.5ヶ月ぶん。
まだK-5IIsどころか、K-5で撮りはじめた頃にすら達していないことに、軽く絶望。
ん~、細々やってくしかないのは、十分にわかっているのだが...(- -; )


で、この時期に同期といった、猪苗代キャンプツーリング
天気が良かったこともあるけども、栄養分の乏しい猪苗代湖は本当に青。
ここで育ったブラックバスは臭みも無く美味しいらしいが、それも納得。

そんな青い猪苗代を望むこの湖畔キャンプ場は、無料なのに炊事場やトイレが完備され、
温泉にも近いという、本当におすすめのキャンプ場。
長男がもう少しおおきくなったら、ぜひ家族で遊びに来たい場所なのであります。


web拍手 by FC2

第3回・データ断捨離

20150718_5.jpg


20150718_6.jpg
実働45分、2.09GB。


前回から時間が空いてしまったけれども、断捨離は継続中。
今回は2012年の5月末から8月末までの、約3ヶ月間。

この時期は、友人や知人がバイクレースによく出ている時期だったので、
そこそこな頻度でサーキットに足を運んでいたのだけれども、
最近はめっきり機会も減ってしまい、少し寂しいというのも本音。
親しい人が全力で走る姿は、本人以外も熱くするものなのですよ。


そんなこんなで、久々に 心の底から凄いと思える人 を見つけて驚く。
一応、プラモも好きでバイクも好きなメーカー系サラリーマンだとは思っていたけれども、
本当にスキルのある人とは、こういう人のことなのだと痛感する今日この頃。
こういった人がしょっちゅう現れるのだから、世の中(≒ネットの世界)は想像以上に広いのかもしれない....


web拍手 by FC2

第2回・データ断捨離

20150707_1.jpg



20150707_2.jpg
実働1時間、2.85GB。


嫁さん達が眠りについてから、約1時間。
前回と同じ方法で、同じくらいのファイルを削減できたので、人間が効率的になったのだろう。
特に削減するファイル数を意識せず、あ~疲れたと無意識に切り上げた結果なので、
1000枚ほど削減するのが、自分の集中力の限界のようでございます。

ということで、データ整理がてらに発掘した1枚。2012年のGWに近所で撮ったハス。
晴天下でFA50を開放寄りで使ったがゆえ、盛大にマゼンダ被りしているのだけども、
不意に見ると、なんとなくフィルムっぽくて面白いような気がするような。


そんなこんなで、やっと2012年の5月末まで断捨離完了。
あと3年+αぶん残。まだまだ先は長いのです...orz


web拍手 by FC2

第1回・データ断捨離

20150705_01.jpg




20150705_02.jpg
実動1時間半、2.91GB。


ということで、今日は時間があったので、前からやりたかったデータ整理。
写真保管用にしているDドライブが、早くも容量残10%以下となってしまったので、
容量を拡張する前に、不必要な写真の断捨離を。

今日は、デジ一を手に入れた2011年12月から2012年3月まで、約4ヶ月分の写真を整理するも、
デジ一を入手したばかり&長男も誕生したということで、この時期の写真数がハンパ無い。
およそ7000枚のうち、構図かぶりやピント甘の写真を約1000枚ほど削除したのだけれども、
win7標準のフォルダ表示とフォトビュアーでは、その抽出・確認作業があまりに非効率と悟った今日。
今更だけど、PENTAX純正のフォトブラウザを導入してみるべきか。

そんなこんなで、今日は全体の約1/12の量を整理完了。
あと11回これをやるのかと、早くも心が折れかけているのは気のせいではあるまい。
ま、撮ったのすら忘れていた写真を再発掘できることを楽しみながら、気長にやっていきますか...



web拍手 by FC2

Home > > 写真・カメラ

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。