デジイチ・ライダー   

デジイチ・ライダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2  
  • Comments (Close): -

秋の風

20171923_2.jpg



20170923_1.jpg


そんなこんなで雨続きだった夏休みも、夏休みが終わった途端に好天続き。
なんだかな~と思いつつ、おかげさまで空いた時間はバイク三昧。

この前は今年初の渋峠ツーだったのだけども、途中立ち寄った野反湖は、
標高が高いこともあってすっかり秋の風景。
ススキが気持ちよさそうに風にそよいでおりました。


気が付けば9月も後半。
MotoGPも間もなく日本GPだし、今年のバイクシーズンもいよいよ終盤戦。
まだ今年はキャンプツーに行けていないけれども、果たして行くチャンスは訪れるのだろうか...



絶望の夏

20170823_1.jpg

夏休み、全部雨っ !! \(^o^)/


ほんと、この夏ほど雨雲を呪ったことはありません。雨雲なんか消えてしまえと、いったい何度思ったことでしょう。
嫁さんと調整して丸2日フリーな日を手に入れ、長野の方にキャンプツーに行くことを生きがい、どうにかこうにか迎えた夏休み。
ふたを開けてみれば、宇都宮はじめ関東近郊はひたすら雨、雨、雨。 8月は20日連続雨ってどういうこと !! (怒)
いい加減に我慢できず、標高が上がれば雨雲を抜けるかとダメもとで登った霧降高原は、見事なまでに終始大雨 orz

いっそのこと、8月ずっと天気が悪ければ諦めもつくものの、夏休みが終わった途端に嫌がらせのように天気が回復基調。
仕事の日に晴れたって、無駄に汗かくだけで良いことなんざありませぬ。
そして、今週末こそ長野ツーリベンジしてやる!! なんて思ってたら、日が進むほど天気予報は微妙な感じ (つД`)ノ


もう夏は諦めるので、秋雨前線だけは控えめにしてもらいたいものです...


遠征・タイヤ交換

20170715_1.jpg

タイヤ交換に悩む日々が続いていたものの、ある日ふと気づくわけです。
別に宇都宮近郊でタイヤ交換しなくてもいいのだと (汗)


ということで、先週末にナップス前橋店へ。
そもそもナップスが群馬に出来たことすら知らなかったけれども、調べてみるとタイヤが安い。
しかも行った日がたまたま全品10%オフセールだったおかげで、交換工賃や途中の高速費を含めても、むしろ予算が余るレベル。
そんなこんなで、90800kmで再びメッツラー・M5にタイヤ交換。ほんと、いい買い物でございました♪
それにしても、久々のナップスは本当に品ぞろえ良いし安い。お願いだから、宇都宮近郊に出来ないものであろうか...(´・ω・)


4万円の葛藤

20170705.jpg


前回タイヤをメッツラーM5に交換したのは、昨年の4月こと。


そのときの走行距離が約82400kmで、それから1年3か月ほど経った今の走行距離は約90600km。
この前の日曜にもみじラインを走ったとき、若干Rrのグリップ感が低下してきたような気がするし、
スリップサインもばっちり出ちゃっているので、いい加減、タイヤ交換をしようかと。

メッツラーM5は自分の力量には十分なグリップ感だったし、8000kmも持つライフの長さもあってお気に入りなのだけども、
後継のM7押しなのか、近郊のバイクショップにM5の取り扱い無し。前回M5が工賃込みで4万以下で交換できたこともあり、
今回確保してある予算も4万円ほどなので、M7は完全に予算オーバー...orz

予算内かつ近郊のショップで交換可能となると、型落ちのダンロップ・α-13zピレリ・ROSSO CORSA
どちらかと言えばα-13zはサーキット寄りの、ROSSO CORSAはツーリングよりのハイグリップという感じだけども、正直決めて不足。
そんなこんなで1週間ほど悩んでいるうちに、ショップのα-13z適合サイズセットは残り1セット。


ん~、どうしたものか (- - ;)


イカの凄さよ

20170604_4.jpg

そうです、ただのイカです。


6Dは中央クロスセンサーのみ-3EV対応だけど、K-5IIs時代からそうだったので全然問題無し。
素早く動くイカもちゃんと撮れるし...って、良く見るとイカってすごい形してるよな~。色も変わるし腕も伸びるし。
ていうか、デカイ目が付いてるけど、完全に横向きに付いてて進行方向見えてないじゃん!!
うわ、なんか目が合ったし。ほんと、進化って凄い!!


そんなこんなで、GWに家族で出かけた 葛西臨界水族園 は、驚きと発見に溢れていたのでありました ♪
マグロの回遊水槽が有名だけども、先日リニューアルされたエリアは展示方法が面白くて必見。1日遊べる素晴らしい水族館です。



鉄板ワインディング in 栃木

20170619_1.jpg

栃木は山々が多い割に、バイクで走っていて楽しいワインディングは限られているのです。
宇都宮の自宅からフラっと出かけて2~3時間で戻ってこられる場所は、それこそ日光周辺の峠道くらいになるわけでして。
そんな日光周辺で個人的に一番好きなワインディングは、やはり日塩もみじライン...って、あれ??

なんか既視感あるなと思ったら、1年前にほぼ同じ事を書いてたし (汗)
まあそれだけ、お気に入りのワインディングということなのでしょう 。



ちょうどいい

20170604_10.jpg

EF85mm F1.8 は最高や!!


昨年キヤノンの6Dを追加した際、一緒に購入したレンズは EF24-125mm F4LとEF50mm F1.8 STM の2本。
日頃の写真はこの2本でどうにかなってしまうのだけども、今年度は長男の七五三や卒園式ということで、ど~しても、ど~しても、
中望遠のポートレートレンズが欲しかったのですよ。

当初は、キャノンが誇る EF135mm F2L を買おうと決めていたものの、このレンズを買うとCBR号の足回りオーバーホールが(今年も)できん!!
ということで、散々悩んだあげくにEF135mm の半値以下で EF85mm を手に入れたわけですが、結果的にこれが大正解。
単焦点のキレの良さだけでなく、85mmという焦点距離が近すぎず遠すぎず絶妙で、これ1本で風景もポートレートもOKなのです。
考えてみれば、ペンタックス時代に最も愛用してきた FA50mm F1.4 × APS-C という組合せは、35mm換算だと75~80mm。
どうりで、85mmが懐かしいというか親しみ易い画角と感じたわけですな。


これまで使っているヒップバックにも問題無く収まるし、本当、良い買い物でした♪
結局バイクばっかり撮ってるし、七五三に向けて、もっと人を撮る練習をしないといけませんな...(- - ;)


最高のキャンプ地

20170604_3.jpg



20170619_3.jpg


なに、GWからもう1ヶ月だとっ!?


そのGWに同期と福島ツーリングに出かけた際、立ち寄ったのが猪苗代湖畔のキャンプ場。
同期と良くキャンプしている馴染みの場所なのだけども、振り返ってみたら前回ここでキャンプしたのが5年前。
つい最近のことだと思っていたので、まさかそんなに前の事だったとは地味に衝撃!!


前回このキャンプ場で見た真っ青の景色は未だに鮮烈で、個人的には最高のキャンプ場。
家族も出来てなかなか都合が合わなくなったけども、またここでキャンプをしたいものであります。
夏休みまであと2か月。指折り数えて頑張るしかない...


東照宮の穴場時間

20170604_6.jpg

陽明門の改修工事完了に伴い、連日ごったがえしている日光・東照宮でございますが、
意外や意外、日曜の夕方(5時過ぎ)には嘘のように誰もいなくなるわけです。

参道の車両乗り入れ規制も解除されるということで、この日は東照宮の石鳥居そばまで。
参拝客のいない静まり返った東照宮は、普段よりも更に荘厳...を通り越して少し不気味な雰囲気 (- - ;)
若干ビビリながら写真を撮りつつ、そそくさと帰路に着いたのでありました。

帰る時間を気にしなくていい近隣ライダーの特権だけども、いつもと違う東照宮を味わえるのでオススメです。


ニッキーのバイク

20170604_2.jpg

で、4月の終わり。


天気も良かったので霧降高原までフラっと出かけたら、販売開始したばかりの 新型CBR1000RR 乗りの方に早々の遭遇。
オーナーの方とも少し話が出来たのだけども、もともと自分と同じ600RR乗りだったそうで、とても参考になるインプレが頂けました。
まだまだ今の600RRには頑張ってもらうけど、目標を達成したあとの後継機種は、やはりこのCBR1000RRで決まり。

そしてこの新型CBR1000RRと言えば、PVで爆走してたニッキー・ヘイデン選手。
まさかの急逝にバイク好きの全員が驚いたけれども、その雄姿は決して忘れません。
無事にCBR1000RRが買えたら、どこかに69のステッカーを張っておこう。


忘却のかなた

20170604_1.jpg


パスワードを変更したときは、必ず物理的にメモっておこう!!


海外出張が連続したり、ワールド・オブ・タンクスという戦車ゲームにどハマリしたことなども要因ではあるのだけども、
久しく更新していなかった一番の理由は、単純にパスワード忘れ。

2月、インドネシア出張から帰国後に更新しようとしたら、いつの間にかブラウザの自動ログインが解除。
で、手動で入力しようと思ったら、思いつくパスワードがまさかの全滅 (;´д`)
それから数か月。ようやくサポートセンターのヒントを頼りにログインできたので、久々の更新となったわけです (汗)


こんな当ブログにもかかわらず、未更新期間にも訪れてくれていた方々、ありがとうございます。
引き続き、緩~く宜しくお願い致します。


初乗り

20170130_1.jpg

うん、バイクは最高だっ!!


日曜日は晴れて暖かくなるって予報だったので、ここぞとばかりに今年初乗り。
冬休み整備の動作確認 & 弱ったバッテリーの充電が目的ということで、この日は高速メインで茨城の海沿いまでひとっ走り。
お気に入りの海が一望できる露天風呂で冷えた体を温めたあと、海沿いの風景をしばし眺め、そそくさと帰路へ。
長い時間乗れなかったけれども、整備のおかげで気持ちよく吹けあがるCBR号は、ただ高速を走るだけで十分に楽しかったのです。
ほんと、約1か月半ぶりのバイクは最高なのでした。


頼む、早く暖かくなってくれ~!! ( ゚Д゚)

来たる18輪生活

20170123_1.jpg


20170123_2.jpg

長男のストライダーが、尋常じゃなく速いんです !!


身長が伸びたのでサドルを一番高くしても足が十分届くし、その伸びた足で全力で駆けるもんだから、
もはや自分も徒歩じゃ追いつけなくて、最近ではマウンテンバイクを駆り出す始末。
ということで、そろそろ長男は自転車へのステップアップの時期なのだけども、ガレージはすでに空きスペース無し。

そんなこんなで、我が家は間もなく18輪生活に突入するようです。
ん~、子供用の自転車のスペース、全然考えてなかったな...(- - ;)


いと恋し春

20170120_1.jpg

今日は宇都宮市街地も


わざわざ極寒の山奥で飲むコーヒーを楽しめる人間であっても、市街地に降る雪はやはり迷惑というのが本音でして (´∀`;)。
その理由は数あれど、今週末に限っては、土曜日に予定していたバイクの初乗りを見送らざるを得ないこと。
せっかく嫁さんとかとも調整していたのに、よりによって...orz

やはり、自分は冬より春の方が好きな人間。
祈ってもしょうがないけれども、ほんと、早く暖かくなってもらいたいものです。

水平の基準

20170116_3.jpg





20170116_4.jpg
6Dを使い始めて、だいたい4か月。


さすがにPENTAXとの違いにも慣れ、戸惑うことなく操作・設定できるようになったけれども、
そうなると見えて来るのが、CANONの良いとこと悪いところ。

その悪いところの一例が、ファインダー内の電子水準器の挙動
設計者側にどういう意図があるのか知りませんが、CANONの仕様だと、
中央一点でピントを合わせたあと、ずらして構図を決めることが多い管理人にとっては致命的。
ピントを合わせた瞬間に水準器の表示が消えるので、ずらして構図を決めたとき、
それが水平なのかどうかは、ファインダー内の表示だけでは判別不明なのですよ !! (゚д゚ )
PENTAXはピントを合わせてもシャッター切るまでは水準器が表示されるので、決めた構図が水平かどうか判別可。


ということで、6Dの電子水準器は個人的に使い物にならないので、せめてもの指標にと、
グリッド付きのフォーカシングスクリーン・Eg-Dに換装したのが、つい先日の話。
そしてこのEg-D、ファインダーを除いた瞬間に水平のあたりが付くようになったので、とにかく便利。
使い易くなったということで、結果オーライということにしておくか... (´・ω・)


防塵防滴の基準プリーズ

20170116_2.jpg




20170116_1.jpg
矢印の部分がSDカードスロット周辺のシーリング部分。K-5IIsが閉めたときに
全面ゴムパッキンで密閉されるのに対して、6Dは矢印の部分にスポンジが
貼ってあるだけ。これは物理的に防塵防滴性が違うような...


で、日曜日は奥日光・湯の湖周辺を スノートレッキング


寒波のおかげで、先週末はずっと日光方面に雪雲がかかっているな~とは思っていたけど、
いざ行ってみると、今市を超えたあたりから完全なる雪国。そしてさらっさらなパウダースノー。
そのコンディションといい、目的地の湖畔までの大冒険といい、素晴らしい休日でございました。


そんなこの日のお供カメラは、散々迷ったあげくに6D。
6DK-5IIsは、いずれもメーカーが防塵防滴としているカメラではあるけれど、
素人目に見ても、K-5IIsの方が明らかにシーリングがしっかりしているので (特にSDカードスロット部とか)、
雪と凍結に常時さらされる環境に6Dを持ち出して良い物か、さすがに躊躇してしまったわけです。

結果的に、6Dもそんな過酷な環境に耐えてくれたのですが、やはりいちユーザーとしては、
防塵防滴性も、防水規格のIP表記みたいに指標があるとありがたいな~、などと思うのでありました。
調べてみると、CANONは1D系と5D・6D系で防塵防滴のレベルが違うようですな。 むむむ、気を付けて使わなければ...(;´д`)


アクアマリンふくしま

20170107_4.jpg


20170107_5.jpg


20170107_7.jpg


どたばたする冬休みだけども、一度くらいは遠出はしたい!!


ということで、年末に家族で出かけたのは、福島県の大型水族館 「アクアマリンふくしま」。
大学生の頃に一度行って、綺麗な水族館だったな~という記憶はあったのだけども、
久々に行ってみると、記憶よりも綺麗になっててびっくり。

大震災ではかなりのダメージがあったそうなのだけども、その復旧はもちろん、
本館以外にカワウソの専門展示館やおもしろ水族館も作ったりと、常にアップデートされてる感じですな。

とはいえ、やはりこのアクアマリンふくしまの魅力は、以前来たときと変わらず、深海生物とトド。
小さなお子様やカップルにあまり受けそうに無い深海生物だけども、さすがは福島県立の学術水族館というべきか、
わざわざ北海調査に乗り出し、その場で採取してきた激レア種までおしげもなく展示する力の入れっぷり。
夫婦そろって深海生物、というかUMA好きということもあって、長男も差し置いて大興奮。

そして、もう一方のトドは、その巨体と水中での動きの素早さの迫力がハンパない!!
凄い雄叫びをあげるわ、想像よりも遥かにデカいわ、それなのに水槽を縦横無尽に泳ぐわで、
初めて見た嫁さんも長男も驚愕。そこらのイルカのショーよりも、インパクトが大きいのは間違えない (=゚ω゚)b


そんな感じで、閉館時間いっぱいまで海の生き物を満喫。
他にも魅力的な展示もいっぱいだし、近くには海辺の桟橋もあるし、おすすめのお出かけスポットでございました♪


脱・カメラ好き


20170107_3.jpg

レベルはどうあれ、少なくとも自分は写真・カメラ好き。
なので、プロとして活動されている方々に憧れたりする訳ですよ。


そんな感じで、ネットなどで素晴らしい写真を見つけては、「やっぱりプロは凄いな~」なんて思ったりしてたのだけども、つい先日、同じように素晴らしいな~
なんて思った写真のプロフィールを見て驚愕。撮影者は普通のサラリーマンの方。しかも、その方がデジ一で写真を本格的に撮り出したのは、ここ3~4年のこと。
いやいや、自分が初めてデジ一のK-rを手にしたのが2011年なんで、デジ一歴は自分の方が長いじゃん!!
使ってる機材もCANONの5DIIIってことで、6Dを使い始めた自分とそれほど差は無いじゃん!!

そんな衝撃から改めて自身を振り返ると、k-rを手に入れてから今まで、カメラ本体やレンズの性能UPをだらだらやってきただけで、撮る写真と言えば、
バイクとアウトドアの風景記録と家族の思い出写真の、どちらかと言えば受動的なものばかり。自分でロケーション・天候・時刻・被写体を意識して、
わざわざその一瞬の写真を撮るために、その目的地に出かけるような能動的な写真は、ほとんど撮っていなかったに等しいわけですな...(´・ω・)


ということで、今年の(カメラ方面の)抱負は、タイトル通り「脱・カメラ好き」。
機材は撮りたい写真のためにあるわけで、今年はちゃんとした「写真好き」になる1年にしたいと思う、今日この頃なのでした。


汎用的補助光源のススメ

20170107_1.jpg



20170107_6.jpg


20170107_2.jpg


アッパーカウル、組みついた~!! (*´ω`)


原因はライトユニットをマウントする金具(右図・赤矢印のやつ)の向き違い。
2008年の納車から9年近く、一度も切れたことが無かったヘッドライトのバルブ。
昨年末にとうとう切れたということで、初めてバイクのバルブ交換も試みるも、カウル付いたままだとやり辛い。
ということで、年末の大掃除にカウルをバラす際に交換することにした結果、この顛末。
いやはや、初めてバラす場所は要注意ですな。
サービスマニュアルが本当に欲しいのだけれども、ドリーム店で聞いたら4万ってマジかっ !?

そんな冬場のバイクいじりに重宝したのが、右のLEDライト。
カメラ用品のサードパーティ-メーカー(中国?)のCraphy・PT-176ってやつで、撮影時の補助光源として、
ホットシューマウント可能なタイプのやつを買っていたのだけども、これが撮影意外にも重宝する訳です。

ダイヤルで10~99の範囲で光量が調節可能なのだけども、10でも十分過ぎるくらい明るいし、
ビデオカメラ用のバッテリーで3~4時間は点灯し続けるし、三脚にマウントすれば立派な固定照明に。
日没の早いこの時期、ガレージのライトだけではカウル裏とかがほとんど見えなかったのだけども、
このライトのおかげで作業性は劇的改善。一式で約4000円だったけども、これは良い買い物でした。


そんなこんなで、年末からのバイク整備は無事終了。
今回の最大の目的は、ラムエアボックス内の「しきり板」の撤去。
かつてフルパワー仕様だった我がCBR号。はたして、この撤去が吉と出るのか凶とでるのか...


謹賀新年・2017

20170106_1.jpg

あけましておめでとうございます。


もういくつ寝るとお正月、と指折り数え待っていた冬休みは一瞬で過ぎ去り、早くもG/Wまでのカウントダウンを始めた今日この頃。
毎年恒例のCBRの整備も、いざ冬休み中に終わらせてやるぞと取り掛かったものの、大掃除や新年の挨拶に奔走した結果、
こんな状態のまま冬休みが終了してしまう始末。 おい、アッパーカウルよ、なぜ組みつかんのだ !!( ;´・ω・`)


そんなこんなで、今年も宜しくお願い致します。

Home

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。